日本製は出ない!?折りたたみスマホにHuaweiも参戦 5G対応「HUAWEI Mate X」登場 価格は2299ユーロ(約29万円)

 Huaweiは2月24日(中央ヨーロッパ時間)、スペイン・バルセロナで折りたたみ式5Gスマートフォン「HUAWEI Mate X(メイトエックス)」を発表した。ユーロ圏での想定販売価格は2299ユーロ(約29万円)で、2019年半ばに発売する予定だ。

【折りたたんでも「フラット」なのが強み】

【更新:23時45分】詳細を追記し、画像を追加しました

 Mate Xは画面を外側に出すタイプの折りたたみ(フォルダブル)形状をしていることが特徴。ディスプレイは8型有機EL(2480×2220ピクセル)で、折りたたみ状態では前面側が6.6型(1148×2480ピクセル)、背面側が6.38型(892×2480ピクセル)の「デュアルディスプレイ」として利用できる。

 ヒンジ部は100以上の可動部品で構成されていて、開いた時も折りたたんだ時も「フラット」で利用できる。

 プロセッサは自社開発の「Kirin 980」(CPU部は2.6GHz 2コア+1.92GHz 2コア+1.8GHz 4コア)で、同じく自社開発の5Gモデム「Balong 5000」と組み合わせている。

 SIMカードはNano SIMのデュアル構成に対応しており、第1スロットのSIMカードが5G対応となる。第2スロットはLTE(4G)までの対応で、排他でHuawei独自の外部メモリカード「NM Card」を搭載することもできる。

 5Gは下り最大4.6Gbps(Sub-6GHz帯における理論値)に対応しており、mmWave(30GHz以上の帯域、いわゆる「ミリ波」による)通信にも対応している。Wi-Fi(無線LAN)はIEEE 802.11ac/a/b/g/n(2.4GHz帯・5GHz帯)で通信可能。Bluetooth 5.0にも対応している。

 メインメモリは8GB、内蔵ストレージは512GBを備える。外部ストレージとして最大256GBのNM Cardを搭載できるが、先述の通り2枚目のSIMカードと排他となる。

 カメラはLeica(ライカ)とのコラボレーションで、4000万画素の広角カメラ、1600万画素の超広角カメラと800万画素カメラのトリプル構成となっている。自撮りは本体を折り曲げて背面側のディスプレイを使って行う。背面側のディスプレイは、撮られる側のライブディスプレイとしても活用可能だ。

 バッテリーは4000mAhで、Huawei独自の急速充電技術「HUAWEI SuperCharge」に対応している。外部接続端子はUSB 3.1 Gen1(USB 3.0) Type-Cとなる。

 ボディーサイズは、画面を開いた場合が162.2(幅)×161.3(高さ)×5.4~11(奥行き)mm、閉じた場合が78.3(幅)×161.3(高さ)×11(奥行き)mmとなる。奥行きの最厚部分には、USB Type-C端子やカメラが収まっている。本体重量は約295gだ。ボディーカラーはInterstellar Blueのみとなる。

日本がフットワークが悪い理由

機械類では通例として製品製造終了後5年~10年程度は補修用部品の取り置き(メーカーや製品によってまちまち)があるため、修理を受け付ける。
この通例が日本製の品質であり、物づくり日本のプライドである。
アジア系海外メーカーの利点は、修理に対しての考え方が違うところだ。日本は欧米を相手に水準を上げてきたため、作るだけ作って買い替え交換に出来ない保守修理システムが作れるから作るようなことはできないのだ。
 そもそも、スマホが30万円とか・・・
価格が初期より上がってる時点で、開発が退化してるとしか言いようがないだろう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください