どれだけ警告しても解らない、「シン・エヴァ劇場版特報」盗撮・ネット投稿した容疑者が書類送検 カラーが発表

カラーは3月6日、「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の特報(予告編)の映像を昨年7月、映画館で盗撮してネット公開した容疑者が、今年2月に著作権法違反の容疑で書類送検されたと発表した。同社が告訴状を提出し、警察が捜査を進めていたという。

 特報は昨年7月20日、全国の映画館で公開されたが、その映像が盗撮され、ネット上で出回っているとして、カラーと東宝・東映の3社が7月26日、「厳しく対処する」と表明していた。また3社は同日、特報の公式映像をYouTubeでも公開した。

 カラーは、「映画館で映画を撮影して複製することは、映画の盗撮の防止に関する法律および著作権法で禁じられている」「匿名での投稿でもアップロード元は特定可能であり、処罰の対象となる」と改めて注意を呼び掛けている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000054-zdn_n-sci

予告編であっても盗撮してネット公開は泥棒

 掲示板のコピペとは違うんだよ。しかも今回は映画館での盗撮。犯罪です。それ動画に上げて人気者にでもなりたかったのか?それとも再生数稼いでお金儲けた方のか?他社の制作物で金や人気を稼ごうとは言語道断です。
 この容疑者がやった事は、制作会社が禁じている行為を行った単なる犯罪者です。映画館も特報も含めて楽しんでもらえる様に努力をしてるのに、日本の映像コンテンツを馬鹿にしているとも言っていいだろう。自分もマスメディア向けに配信された画像や動画は利用しているが、それは情報配信をするという心からであり、盗撮された画像や、メーカーの許諾をを受けていないCMなど動画アップした事が無い。
 ユーチューブでも、過去のCMにまるで自身の動画であるごとく透かしを入れて権利を主張している方も居てますが、あなたはそのCM制作にお金を投資しましたか?何故どの様な権利で自身のものと言っているのですか?そう言った行為が今回のような事件の原因と解らないのですか?
 何でもやったもの勝ちのこのご時世が作り出した事件とも今回は言えるだろう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください