大河ドラマ「いだてん」にも出演!!ピエール瀧容疑者、コカイン使用疑いで逮捕 容疑認める

コカインを使用したとして、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は12日夜、東京都世田谷区、ミュージシャン、ピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)を麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

【男優助演賞に選ばれ笑顔のピエール瀧容疑者】

 瀧容疑者は俳優としても活躍し、NHKで放送中の大河ドラマ「いだてん」にも出演している。逮捕容疑は12日ごろ、都内またはその周辺で違法薬物のコカインを使用したとしている。

 麻薬取締部によると、同日午後6時過ぎに麻薬取締法違反容疑で瀧容疑者の自宅を家宅捜索。薬物は見つからなかったが、任意に尿検査を行ったところ、コカインの陽性反応が出た。同部はコカインをどこで使用したかや入手ルートを追及する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000000-mai-soci

 NHKもかなり気を使ってキャスティングしたんだろうが、芸能界の薬物汚染は本当に消えないよね。現状ではマスコミの自浄作用に任せるのは難しいのだろう。女性タレントによる枕営業など噂が消えない。反社会的勢力との交友なども言われている。真実はすべて当事者と、捜査する警察にしかわからない。
 ただ、一般人はただの一度の失敗で人生が終わる。芸能人は一回失敗しても許される。努力や才能という一言で許される。罰が重くないから罪を重ねる。バレれば仕事をなくして世間からはじかれると思えば、二度と立ち上がれないこの日本の普通の世界であれば、薬物や枕営業などしないだろう。
 この意見は、あくまで個人的意見で必要悪と呼ばれる存在が必要な事実もわかっています。ただ、マスコミ業界だけは国民意識に影響があるので、日本人で放送局や新聞社は運営すべきだと思う。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください