FXやバイナリーオプションでどうしても勝てない方必見!必勝法無料掲載。利益確定!?

 FXやバイナリーオプションでどうしても勝てない方いてますよね。日本のバイナリーオプションは長時間での勝負になります。1分後の勝負でないのでトレンドで判断するのが必須になります。メンタルもかなり負担がかかります。ただし、損失を考えれば限定的であり地道にするならFXよりも安全である。
日本のバイナリーオプションの場合、完全に0円になる前にポジション放棄も出来るのである意味安心です。
 ただし、確実に利益を積み上げるためには、投資枚数の固定は必須です。投資枚数が普段の10枚なのに50枚にした瞬間負けたなんてこともよくあり、積み上げた利益が一瞬で吹き飛ぶこともあります。
今回は、どの時点でポジションを持ちどの時点で手放し、最悪逆張りをするのかを分かりやすく図にしましたので掲載します。

一目均衡表を構成する5本のラインの正体

一目均衡表は細田悟一(ペンネーム:一目山人)によって生まれた日本独自のチャートです。その一目均衡表も人気のあるテクニカル分析です。一目均衡表には以下5本のラインが描かれています。

  • 転換線:過去9日間の最高値と最安値を足して2で割ったもの
  • 基準線:過去26日間の最高値と最安値を足して2で割ったもの
  • 先行スパン1:基準線と転換線を足して2で割ったもの
  • 先行スパン2:過去52日間の最高値と最安値を足して2で割ったもの
  • 遅行スパン:終値を26日前にずらして表示したもの

このラインを使って値動きの予想ができます。例えば、転換線が基準線を上抜くことを「好転」いい、このときには上昇トレンド。つまり「買い」です。反対に、転換線が基準線を下抜くことは「逆転」。このときは下降トレンドとなるので「売り」になるのです。また、現在の値動きが遅行スパンを上抜けば「売り」、遅行スパンを下抜けば「買い」です。

ボリンジャーバンドには“3本のライン”が存在します。

ボリンジャーバンドには“3本のライン”が存在します。真ん中にあるのが移動平均線。そして移動平均線の上下にラインが引かれています。上下のラインに挟まれたエリアを「バンド」と呼び、原則として、値動きは“バンド内に収まる”とされています。

上下のラインは標準偏差の考え方が応用され、単位はσ(シグマ)。値動きがバンド内に収まる確率は、シグマの単位によって変化します。それぞれ「±1σで約68.3%」、「±2σで約95.4%」、「±3σなら約99.7%」。一般的には±2σが基準とされています。

値動きが“バンドから飛び出た”ときを見逃すな!!

バイナリーオプションの勝敗を分けるのは、トレンドをきちんと見極められるかどうか。そのなかで、「確率」が用いられるボリンジャーバンドは比較的見極めやすいでしょう。

例えば、値動きが±2σラインの外に出たときは狙い目です。なぜなら、「値動きが±2σのラインから飛び出る=約5%しか起きない極稀な状況」ですから、その後約95%の確率でバンド内に収まろうとするはず。±2σのラインから飛び出たときには、ローソク足がバンド内へ戻ろうとする動きを狙うのです。

強いシグナルが発生するための“3つの条件”とは

他にも“雲”( 先行スパン1と先行スパン2に囲まれたエリア)や遅行スパンなどを総合的に見ることで、強いシグナルを捉えることも可能。具体的には、「基準線の下にあった転換線が基準線を上抜く」「先行スパン1が先行スパン2を上抜く」「ロウソク足の下にあった遅行スパンがロウソク足を上抜く」の3つ(三役)が揃った状態を「三役好転」と呼び、このときに上昇トレンドに。

反対に「基準線の上にあった転換線が基準線を下抜く」「先行スパン1が先行スパン2を下抜く」「ロウソク足の上にあった遅行スパンがロウソク足を下抜く」が成立したら「三役逆転」となり下降トレンドに。一般的に、三役好転や三役逆転は強いシグナルと捉えられています。

正直なところ、「“一目”で判断できないじゃん!」と思っている人もいるはずです。たしかに、一目均衡表は少しややこしいのが玉に瑕。ですが、同時に初心者にもピッタリなテクニカル分析でもあるのです。

「一目均衡表」で押さえるべき、たった1つのツボ

実は、一目均衡表は“雲とロウソク足の動きだけ”を注視すれば問題ありません。ロウソク足が雲の上にあれば上昇トレンド、雲の下にあれば下降トレンドなので、とてもシンプルに分析することができます。もしロウソク足が雲のなかにある場合は、レンジですから取引はしないほうが無難。一目均衡表は、たった1つのツボを押さればいいのです。

もちろん、すべてのラインを事細かく見れば分析の精度は上げることは可能です。しかし、一目均衡表の方法論が記載された「一目均衡表原著」は辞書並みの分厚さ、しかも計4冊も出版されています。これを網羅することは非現実的ですし、仮にすべて把握しても百発百中の確率にすることは不可能。費用対効果を考えると賢明ではありません。であれば、確率の高いところで勝負するほうが賢い選択と言えるでしょう。一目均衡表を使う人は、とにかく雲とロウソク足の関係性を注視してみてください。ロウソク足が雲の上にあれば買い、雲の下にあれば売りです。

ボリンジャーバンドを±2σを表示。バンドから飛び出たあとは戻ろうとした動きがある

値動きがバンドに沿って動く「バンドウォーク」も狙い目!

また、ボリンジャーバンドを攻略する上で「バンドウォーク」は見逃せない現象です。バンドウォークとは、ロウソク足が±2σのラインをタッチし続けている(または、タッチしそうな)状態が続いていること。読んで字のごとく、バンドの上を歩いているような状態です。バンドウォークが起きると強いトレンドが発生していることになります。

レンジの状態から急に発生することが多いのが特徴。加えて、長い間継続はしません。ロウソク足が±2σのラインから離れ始めると、トレンドが終わる可能性が高いです。

「バンドの幅」を見れば、トレンド発生は一目瞭然!?

もっと視覚的にトレンドを見分ける方法が存在します。それは、ボリンジャーバンドの“幅”を見ること。ボリンジャーバンドの流れを見ていると、バンドの幅が収縮を繰り返していることがわかります。

バンド幅が広くなることは、値動きが大きく変化する可能性が高いということ。つまり、トレンドが発生する兆候になるのです。バンドが広くなり、かつバンドウォークが起きたときには強いトレンドと言えるのです。反対に、レンジ中はバンドの幅が狭くなるので取引は控えた方が得策。とはいえ、バンドが狭い期間が長く続く場合、強いトレンドが起きる前兆でもあるので要チェックです。

視覚的にわかること、そして確率で判断できることから、ボリンジャーバンドは初心者でも比較的使いやすいテクニカル分析と言えます。バンドウォークとバンドの幅に注目しながら使ってみてください。

ボリンジャーバンドを±2σを表示。バンドから飛び出たあとは戻ろうとした動きがある

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください