投資に勝ちたい人ほど勉強してない、多くの人が負けた負け方。

 投資の世界では、9割が負けて1割が勝つと言われています。また、多くの資金を持つものが小資本を喰らい飲み込むと言われる世界です。ライバルも日本人だけではなく世界中が相手となる世界。
 そんな恐ろしい世界に、安易な気持ちで飛び込み数日で退場させられる方が多い。どうすれば生き残れるのか?どれだけ勉強すればいいのか?それを説明しましょう。

「1万時間の法則」知ってますか?
何かに習熟して一流になるのに、人は1万時間の練習(積み上げ)が必要なのだというのです。
ハッキリ言って、この法則は当てはまると思います。
では投資を始めるまで、1万時間勉強する必要があるのかと言えば・・・
答えは、YESでありNOであります。

時間はお金で買えるのです。

上記の本は、たった100円です。
KINDLで販売してます。
まず、初めに投資をしようと思うならどのようにしたら基本的な勉強しますね。短期トレードでは、逆張り狙い過ぎて資金を溶かす事例は多いのです。
具体的なミスの説明している本は今まで存在してませんでした。
この負けの時間も1万時間の法則に入るのです。
 多くの人が何故、高額な詐欺ツールは購入しても負けの経験を買わないのでしょう。実は、人間の思考で負けないと言う言葉は負の言葉なので拒否反応があるのでしょう。
「勝てる勝率80%で成功者になれる投資術」
「驚愕勝率90%ツール、サイン出ればポジション取るだけ!」
「これさえ知れば、負けない!勝てないトレーダー脱出。」

赤字のキャッチコピーのツールが数万円や数十万円でも購入する方は居てるでしょう。青字のキャッチコピーの本は購入意欲に欠けるものがあります。

 では今回何故、このようなタイトルの本を出したのかと言うと・・・
詐欺商品や商材が多すぎて、「これで勝てる・・・」「四日で100万円の利益・・・」なんて本を出しても実際に儲けれても売れないと見込みました。
ビジネスのノウハウと同じで、失敗こそ成功に結び付くチャンスであり、失敗の経験を購入することにより、無駄な時間をショートカットして進むことが出来るのです。

多くの成功者は、失敗談を持っています。

 失敗談を持っていない成功者は、一度の失敗で終わることが多いのです。失敗の経験や知識があれば、立て直しもできるのだが自身が失敗する事を想定してないゆえに敗北者に変わるのです。成功者でも窮地に陥ることは沢山あるのです。ただ、こうすれば失敗すると言う事を解っていれば、その選択肢を削除できる。これこそ、成功者になる最短の方法なのです。

100円惜しんで、数十万溶かしますか?

正直言って、あなたが頑張って稼いだお金です。
溶かすのも自由です。
溶かした経験を自分自身で持つのも大事だと思います。
お金を払い得た知識と無料の情報では天と地との差があります。
例え100円でも払えば、無駄にしないようにしようとするのが人であります。
本当に無料情報で知識に出来ていれば、資金を溶かす人はいなくなるでしょう。
「投資の世界は、負けなければいいのです。」

そうすれば、5000円が100万円になるのです。

もしよろしければ、大事な資金の一部(100円)を使い失敗の経験を買いませんか?

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください